【大丸松坂屋百貨店】百貨店初のファッションサブスクAnotherADdress(アナザーアドレス)

株式会社大丸松坂屋百貨店が2021年3月12日に立ち上げた、サブスクリプション型のファッションレンタルサービス。「AnotherADdress(アナザーアドレス)」が、2022年3月にオープン1周年を迎える。サービス発表以来、当初想定した会員数1,000名に対して、計画を大きく上回る6,700名超のユーザーが登録。累計レンタル数20,000着。今年は1周年を機に、取り扱いブランド数を2倍以上に拡大するとともに、「安心保証サービス」「サイズ

比較ツールの導入」「返品システムの変更」等、要望の多い新たなサービスの導入・改善を行う。
また、事業コンセプト“FASHION NEW LIFE”の実現を目指し、環境改善プロジェクト“藝大Hedge”を進める東京藝術大学、天然木材由来のトリアセテートを世界で唯一生産する三菱ケミカル社と連携し“森を纏い、森を育む”をテーマにした企画の実施や、ワコールとの”服の寿命を伸ばす取り組み”など、サステナブルな試みを新たにスタートする。

取り扱いブランド数拡大


「AnotherADdress(アナザーアドレス)」の取り扱いブランド数が 50(※) → 100 超に大幅拡大

昨年のサービス開始時点での取り扱いは50ブランドだったが、新たに63ブランドが参画し、倍以上の113ブランドに拡大する。新たなブランドラインナップは、ERDEM、ISABEL MARANT、DSQUARED2といった海外の有名コレクションブランドに加え、beautiful people、Y’s、MIHARA YASUHIROといった世界で活躍する日本発のデザイナーズブランド、さらに kate spade、TOMORROWLAND、THE NORTH FACEといった人気ブランドが加わる。(※2021年3月時点)

【大丸松坂屋】ファッションサブスク「AnotherADdress」

ワコールと提携して“服の寿命を伸ばす”取り組み

【大丸松坂屋】ファッションサブスク「AnotherADdress」

アナザーアドレスの取り扱いアイテムのうち、約5%がインナー付きアイテム。インナーの消耗や紛失によって、アイテム自体がレンタルできなくなる事象が発生。“服の寿命を伸ばす”という考え方から、日本を代表するインナーブランドであるワコールと提携し、インナーの導入をこの春より開始する。思いを込めて作られた服を少しでも長く、より多くのお客様に楽しめるよう、取り組みを推進する。

取り扱いサービスを拡充


「AnotherADdress(アナザーアドレス)」取り扱いサービスを拡充し、より安心で、より便利にユーザビリティを向上

1  安心保証サービス導入

注文時にオプションで「安心保証サービス(550円/税込)」に申込むと、トラブル時の自己負担額が2〜3割に軽減。※一般的な着用におけるクリーニングや修繕の費用は、サブスク料金に含まれる。

2 サイズ比較ツール を導入

身⻑や体重など簡単な質問に答えるだけで着用感をシルエットで表示し、おすすめのサイズを提案してくれるサイズ比較ツール”Virtusize”の導入により、サイズ選びの失敗を減らせる。

3 返品申請ですぐに返却

着用しないアイテムのチケットを戻せる「交換申請」のアイテム返却方法を、利便性向上を目的に 1 ヶ月後に他のアイテムと一緒に返却していたが、到着後すぐに返却できる「返品申請」に変更した。

4 配送用チケットの片道制

往復1枚だった配送チケットを片道 1 枚に変更することで、別の注文のアイテムを一緒に返却したり、分割で返却したりと、ユーザーの都合に合わせて柔軟に利用できるようになった。

企画スペース “FOCUS” を拡大し、より多くの旬の情報をお届け

【大丸松坂屋】ファッションサブスク「AnotherADdress」

企画スペース“FOCUS”を拡大し、1シーズン1企画から、複数企画を同時に提案。ブランドやその他企業との共同企画や、季節に合ったアイテムの提案、新規ブランドの紹介など、アイテム選びをサポート。
3月の第1弾は、「森を纏い、森を育む」をコンセプトにしたサステナブルな取り組みや春のイベントを彩るセレモニーアイテム、華やかな花柄の新作などを予定。

【大丸松坂屋】ファッションサブスク「AnotherADdress」

デパートおすすめオンラインショッピング